一般的な倉庫とは違った特徴を持つ!危険物貯蔵庫の豆知識を分かりやすくご紹介!

このサイトでは、湾岸一帯に多く見受けられる危険物貯蔵庫の概要を紹介していきましょう。
この倉庫は一般的なモノを保管する施設とは大きく異なります。
おもに石油・ガスのほか化学薬品を貯蔵することを目的としている場所なので、責任者が在籍をしていないといえません。
さらに備わっている設備もあり、しっかりと把握をして管理をする必要もあります。
これから所有をする、または施設内で働こうという方の参考にして頂ければ幸いです。

一般的な倉庫とは違った特徴を持つ!危険物貯蔵庫の豆知識を分かりやすくご紹介!

危険物貯蔵庫は、必ず管理責任者が在籍をしていないといけません。
通常のモノを保管するだけの倉庫であれば消火装置の有無は任意となります。
しかし危険物貯蔵庫の場合は、必ず消防法で取り決められているスプリンクラーと消火器、さらには防火シャッターも必要です。
管理をしているものを報告する義務もあり、それ以外の製品を一緒に置いておくこともできません。
危険物貯蔵庫は管理を徹底して運営をされている施設となっています。

危険物貯蔵庫とはどのようなものを保管する施設なのか?

危険物貯蔵庫とは、危険物を保管するための施設であることは子供でも分かりますが、実は危険物とは私たちが日常的に思っているようなものと一致しているとは限らないことに注意が必要です。
危険物貯蔵庫に保管される危険物は、火災とか爆発のリスクがあるものに限定されています。
いわゆる毒物とは、重なる部分もありますが一致しているわけではありません。
火災や爆発の危険があるもので真っ先に思い浮かぶのはガソリンとか灯油のような石油製品でしょう。
全くそのとおりで、危険物の中でも最も取り扱いが多いものです。
この他にもいくつかの種類に分類されています。
なお、このような危険物であっても少量の場合には特に危険物貯蔵庫での保管は必須ではありません。
一般の家庭であっても、今は少なくなったかもしれませんが灯油ストーブを使っている人はまだまだ存在しますし、クルマを持っていれば燃料タンクの中にはガソリンが入っています。
このレベルの少量であれば特に制限はないのです。

火災や爆発・有毒ガスの排出などのリスクを持つ物質は危険物貯蔵庫への保管が重要

火災や爆発・有毒ガスの排出などのリスクを持つ物質は、基本的には危険物貯蔵庫への保管が求められています。
ガソリンや灯油のような石油製品はこの代表例で、それが一定量以上の場合にはどこでも自由に保管できるわけではなく、所定の基準を満たした危険物貯蔵庫で保管しなければならないと定められているのです。
火災報知器や消火設備を有することかと思うかもしれませんが、もちろんそれも大事なポイントではあるものの、より根本的な構造基準があって、例えば木造建築物ではいけないとか平屋建てである必要性などが決められています。
火災の際に木造建築物は燃えやすいですからさらに被害を拡大するおそれがありますし、高層ビルのようなところに危険物を貯蔵してもやはり万が一の際には大きな災害になることが予想できます。
こういう点から規制が設けられているわけで、この他には周囲の建物からどれくらいの距離を空けないといけないかなども含めて決まりがあります。

ガソリンなど危険性があるものを大量に保管できるのが危険物貯蔵庫

危険物貯蔵庫は、ガソリンなどの危険性のある物品を大量に保管するための施設であり、一定量以上を保管する場合には特別な基準を満たした危険物貯蔵庫で管理しなければならないと決められています。
ただし少量を取り扱う場合にはこのような決まりはとくにありません。
例えば自家用車の燃料タンクにはこれが入っていますが、とくに危険物貯蔵庫の基準が守られているとは思えないというか、そもそもそんな決まりすら知らない人がほとんどのはずです。
農家で草刈りが求められるような場合にも、農作業では電源コンセントは使えないでしょうしバッテリーも容量的に十分ではないことから、同じくこの燃料を使うタイプが普通でありそのために家屋内に普通に貯蔵していたりすることもありますが、この場合も免除されています。
しかし一定量を超えて大量に貯蔵する場合にはそれだけリスクも高くなりますので、それを予防したり万が一の際の被害を少なくする目的があるわけです。

危険な物質は火災や災害の原因になるもので危険物貯蔵庫は建物構造など厳しい定めがある

危険な物質は火災や災害の原因にもなりますので、それを保管する危険物貯蔵庫は建物構造などに厳しい基準があります。
誰でも分かることですが、木造の倉庫などに保管していたとすればどうでしょう。
万が一の火災などの際にはより一層火勢が強くなり、被害を拡大するに違いないと気づきます。
もし10階建てのビルの各階に危険物貯蔵庫があったと想像してみて下さい。
これも万が一の際にはどんな惨事になりそうか想像もしたくないくらいです。
このような理由から、危険物貯蔵庫は屋根や壁は燃えない素材で建築することや、高層ビルのような建物はもってのほかで常に平屋建てとすることなどが決められています。
この他にも、広さにすら制限があり、最大でも1000平方メートルまでの施設しか建設できません。
あまりに広い貯蔵庫はそれだけ多量の危険物が一か所にまとまって保管されることになると想定できるわけで、これも被害が大きくなってしまうと考えられるからです。